へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

類の絶滅率はそれほど高くない?

お知らせ:
省電力ライフのために Yahoo! JAPAN月刊節電ガイド
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ地震情報  2011年5月27昼間の時間 13時48分 気象庁公表5月27昼間の時間13時44分ごろ地震がありました。 福島県浜通り   3  今後の情報に警戒してくかっこ悪い。詳細
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 映像
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • 企業トレンド
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        類の絶滅率はそれほど高くない?ナショナルジオグラフィック 公式昼間の時間本語サイト 5月19昼間の時間(木)14時40分配信  新しい探求によると、地球上の生物類の絶滅率は160%も高く見積もられすぎているという。

         この数十年の間に数多くの探求が、地球上の約20~50%の類が生息地の破壊により500年以内に絶滅すると予測してきた。

         多くの類が絶滅しつつあることは事実だ。しかし、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の生態学者スティーブン?ハッベル(Stephen Hubbell)氏らがこのほど公表した探求によると、絶滅のペースは、一般に恐れられているほど速くないという。

         うれしい話ではあるが、遺憾なことに、生息地の喪失による絶滅類の増加が21世紀の大切な環境界保護異常であることに変わりはないとハッベル氏は強調する。

        ◆絶滅類数の推定法に欠陥?

         絶滅率を真っ直ぐ確認する確実な手立ては存在しない。そのため多くの科学者は、動植物の絶滅ペースを間接的に見積もる手立てをとってきた。その手立てというのは、一定面積の生息地を新たに調査した時に見つかる類の数を表す”類数面積関係”(SAR)を単純にひっくり返し、その面積の生息地が破壊されたときに絶滅する類の数を推定するというものだ。

         しかしこの手立てには欠陥があるとハッベル氏は指摘する。1つの類を絶滅させるために破壊が不可欠な余地は、1つの類の発見に不可欠な余地よりも広いからだ。

         つまり、ある地域で1個体でも見つかれば、それだけでその類の個体群が新たに発見されたと言えるが、ある類が絶滅したと言うためには、ほかの生息域を含入れその類のすべての個体がいなくならなければならないのだ。

         ハッベル氏は、共同探求者である中国中山大学の何芳良氏とともに、世界中の調査済みの森林8地域(面積はそれぞれ約20~50ヘクタール)から得られたデータを調べた。また、アメリカ合衆国本土に生息する数類の鳥の生息域も調査した。

         これらの実データと数学的モデルとに基づいて計算したところ、SARから導き出された絶滅率は、実際より160%も過大に見積もられているとの結論が得られた。

        ◆それでも生息地の喪失は脅威

         しかし、世界天然保護基金(WWF)の生態学者エリック?ディナースタイン(Eric Dinerstein)氏は、多くの環境界保護論者にとって、絶滅率の計算法の検証というのはややアカデミックな議論に聞こえると告白する。ディナースタイン氏は今回の探求には参加していない。「生息域の喪失や欠片化が今なお生物類の将来にとって最大の脅威であり、そうした異常が拡大の一途をたどっているということのほうがずば抜けて訴えかけてくる」。

         しかも、馬鹿に異常と入るのは”生態学的絶滅”(ecological extinction)なのだとディナースタイン氏は言う。「集団の個体がある一定数以下になり、もはや生態系の中で生態学的役割をやっぱりいないコンディションのことだ」。

         環境界保護論者は、ある類の最後の1個体か2個体を確認することよりも、生態学的絶滅の方をとても気に掛けるものだし、そのような類は、まだ生き残っているとしても機能的には絶滅していると、ディナースタイン氏は説明する。

        ◆環境界保護には欠かせない絶滅率計算

         ハッベル氏と何氏も、生物類の未来はそれほど明るくないという現在の全体的な視界が今回の探求で変わるわけではないと強調する。

         科学者も環境界保護論者も「私たちが史上6度目の大量絶滅の寸前まで来ているか、あるいはそれが実際にとっくに始まっていると指摘しているが、それは正しいと思う。その評価に逆するつもりはまったくない」とハッベル氏は告白する。

         しかし、絶滅率の正しい計算法を知ることは環境界保護にとっても重要だとハッベル氏は言う。

         気候変動に関する政府間パネル(IPCC)のレポートや国連ミレニアム生態系評価などによる絶滅率の見積もりが「環境界保護事業に巨額のお金をもたらすのなら、その支出の事情と実際の数字とを、私たちはなおさらよく知る不可欠があるのではないだろうか」とハッベル氏は語った。

         絶滅率の計算に関する探求は「Nature」誌5月19昼間の時間号に公表された。

        Brian Handwerk for National Geographic News


        スポンサーサイト

        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japanese weather news,天気,気象予報,気象観測

Author:japanese weather news,天気,気象予報,気象観測
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。