へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

250万部超の大ベストセラー『国自宅の気品格』の藤原正彦が、 いま改入れ“昼間の時間本人らしく生きる”意風味を問い無料す!

お知らせ:
今すぐ一番料で試せる「Yahoo! JAPAN向け IE9」
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ地震情報  2011年5月27昼間の場合間 13場合48分 気象庁公表5月27昼間の場合間13場合44分ごろ地震がありました。 福島県浜通り   3  今後の情報に警戒してくかっこ悪い。詳細
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 映像
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • 企業トレンド
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        250万部超の大ベストセラー『国自宅の気品格』の藤原正彦が、 いま改入れ“昼間の場合間本人らしく生きる”意風味を問い無料す!nikkei TRENDYnet 5月23昼間の場合間(月)11場合3分配信 2006年に「気品格ブーム」を巻き起こした『国自宅の気品格』の編者?藤原正彦による『昼間の場合間本人の誇り』は、高い注目を集入れいる。 今週の1冊

        『昼間の場合間経エンタテインメント!』のBOOK担当が、「トレンド」や「エンタメ」目線で今おさえておきたい1冊を毎週紹介していきます。

        【詳細画像または表】

        『昼間の場合間本人の誇り』 藤原 正彦

        文藝春秋/819円

         「昼間の場合間本」を考えさせる本が売れている。未曾有の災害を体験し、その後の迅速とも適切ともいえない政府の対応を目の当たりにしては、この国の行方やこの国に生きることについて考えさせられるのもいたしかたがないのだろう。

         震災前から売れ継続している旧皇族自宅生まれの竹田恒泰による昼間の場合間本人論『昼間の場合間本はなぜ世界でいちばん人好きのか』(PHP探求所)や、原坊主力プラントの設計体験もある大前研一による短期?長期的な災害対策をまとめた『昼間の場合間本復興予定』(文藝春秋)、昨年死んだ小説自宅?井上ひさしが上智大学で昼間の場合間本人の未来を語った記録『昼間の場合間本語教室』(新潮社)。そして、2006年に「気品格ブーム」を巻き起こした『国自宅の気品格』の編者?藤原正彦による『昼間の場合間本人の誇り』は、高い注目を集入れいる。

         『昼間の場合間本人の誇り』は、かつてないピンチに直面している昼間の場合間本人に対し、どうあるべきかを藤原流に説いた書。まず指摘されているのは、昼間の場合間本のピンチはリーマンショックや大震災が元でではないということ。政治経済や教育、社会やモラルの崩壊という全身症状が発生している昼間の場合間本の現状は、各政党のマニュフェストに羅列してあるような対処療法をいくら講じてもしかたがないとばっさり切り破棄している。では、どうすればいいのか?

         藤原が着目したのは、昼間の場合間本が世界で種を見ない単独の文明として発展してきた事実と、現在は自国を誇りに思う若者が世界最低レベルしかいないという矛盾。大学教授として多くの学生と接してきた体験からも、藤原は現代の昼間の場合間本人が昼間の場合間本人であることの誇りを持てないことにピンチ感を抱き、その元でを追究していったのだ。構想から執筆まで2年近い年月を費やしたという『昼間の場合間本人の誇り』では、昼間の場合間本人が長い間かけて培ってきた文明に対する自負が昭和の場合代にどのように失われていったのかが、敗戦後の昼間の場合間本の歩みを見直しながらひも解かれていく。昼間の場合間本文化に関する著作も多い藤原だが、近現代史にまっこうから挑むのは初入れのことだ。

         昨年映画化された『劒岳(つるぎだけ) 点の記』の原作者?新田次郎を父に持ち、エッセイストとしても活躍する数学者だけに、筋道の立て方や物事の言い回しがたいそう流暢。第2次世界大戦敗戦後に昼間の場合間本人の意識を変革させていった細やかな史実を積み重ね、「だから昼間の場合間本人は自己否定をする民族になってしまった」ことを明かしていく。特に、米国による洗脳戦略WGIP(戦争についての罪の意識を昼間の場合間本人に植えつける広告予定)によって昼間の場合間本人の史観や意識が豹変したとする説明は、説得力も高く、ショック的。最終的には「昼間の場合間本を昼間の場合間本たらしめる値打ち観」として「秩序や和の精神」を挙げ、震災場合に世界からほめ称えられた秩序ある行動にはまだ昼間の場合間本人の美感が見てとれ、この美感は是非ともや混迷の世界を救助するものに入る、とも。

         最後に「昼間の場合間本人の覚醒と奮起に期待したい」と結ばれた『昼間の場合間本人の誇り』からは、藤原の強い願いと脉が伝わってくる。どうか昼間の場合間本人が昼間の場合間本人らしさを取り返すことで、この困難の場合期を乗り越えてひと回りもふた回りも発育できますように、と。

         理念的な側面から昼間の場合間本の立て直しを提言しているのが『昼間の場合間本人の誇り』だとすれば、安上がりな観点からより具体的な視界を練っているのが池上彰の『先送りできない昼間の場合間本』。「取材?執筆活動に専念するために4月以降のテレビ出演休止」という事前公表を東昼間の場合間本大震災の発生によって翻し、復興に向けた提言や解説を工ネルギッシュに展開している池上が、震災直後に緊急出版した書である。

         興風味深いのは、震災直後に我慢強く冷静に行動した昼間の場合間本人の行動に池上も注目し、「そのような精神は世界でもまれな特質なのかもしれない。その特質こそが、昼間の場合間本を発育させてきた原動力ではなかったか。そのことを私たちがなおさら客観的に認識し、自覚して、自身と誇りを持ちたいものだ」と述べていること。

         WTOやTPP、財政ピンチなど昼間の場合間本の経済環境界を多角的に押さえつつ、この国が向かうべき方角を明確に記した『先送りできない昼間の場合間本』。消費税率の引き上げなど厳格提言もあるだけに、心して読まねばならない。

        (文/土田 みき)



        スポンサーサイト

        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japanese weather news,天気,気象予報,気象観測

Author:japanese weather news,天気,気象予報,気象観測
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。