へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【かぶオプの魅力】ノウハウを磨くことで「負けないオプション取引」が可能に=増田丞美氏

 東京証券取引所の「有価証券オプション(かぶオプ)」の取り扱いが、いよいよネット証券で始まった。有価証券オプション取引は海世間では個人投資自宅にも普及しているが、昼間の時間本ではほとんど利用されていなかった。今回、ネット証券が取り扱いを始めることで、一般の個人投資自宅の間でも「かぶオプ」の利用が簡単にできるように入る。

 オプション取引について、昼間の時間本人で当然早い時期から実践で取り組み、現在もヘッジファンドの運用でオプション取引のノウハウを駆使しているウィッシュアンドブレインパートナーズ(WBP,LLC)代表執行役社長の増田丞美氏に、「個人投資自宅が取り組むオプション取引」について聞いた。

――増田さんとオプション取引の関係は?

 米コロンビア大学に留学して数学を学んでいた学生時代に金融工学としてのオプションと出会い、理論が実践に生きるかどうかを確かめるために、自ら証券会社に口座を開いてオプションの売買を試していた。その後、証券会社に入社してロンドンに赴任し、1980年代後半からオプションをトレードする仕事に就いた。それから、CTA(先物投資顧問)に移ってオプションを使ったファンドの運用を担当し、現在に至るまでオプション取引のビジネスに携わってきている。

 昼間の時間本では1988年に昼間の時間経225先物取引が始まり、翌89年に先物オプションがスタートした。私がロンドンでオプショントレーディングを始めた頃に重入る。90年代後半に入ると、オプションについて幅広く投資自宅に知ってほしいという思いが強くなり、オプション投資の入門書を執筆した。2000年代半ばには、本職をめざす個人投資自宅のためのオプション取引に関する勉強会「オプション倶楽部」を主催するようになった。そして、一般の投資自宅の方々にもオプションについて知ってい無料きたいという思いから「オプション塾」というのも開催している。

――増田さんにとってのオプション取引とは?

 誤解を恐れずにいえば、“私のオプション”は、カードゲームのような可能性論に基づくゲームのようなものだ。一般的にオプション取引というと原財産が株式や気品物先物などであることから、株式などとの関連で議論されることが多いのだが、“私のオプション”は、相場よりも囲碁や将棋に似ている。戦略的なポジションの組み合わせで、攻入れくる向こうとの攻防を繰り広げるゲームだ。したがって、ノウハウを磨くことで勝率を向上させることができる。

 たとえば、本職のポーカー?プレイヤーであるフィル?ゴードン氏が著した著書のなかで、自分自身について「私はギャンブラーではない、戦略的投資自宅だ」と言っているのだが、このゴードン氏の言葉は、まさしく、私がオプション取引について感じていることに似ている。「運用の結果を偶然にゆだねない」ということが肝心だ。ノウハウを磨くことによって、次の一手を正しく考える才能が向上する。オプション取引の時は、向こうにするのはマーケットであり、マーケットの変化という危険と対峙することに入るのだが、そこで取れるオプションのポジションの組み合わせ手立ては、学んでノウハウを磨くことができる。

 オプションについて学んでいくと「負けることが五月蝿い」と思えるような場面に出くわすことがある。そのような楽しみがオプション取引の醍醐風味だ。いわゆる「相場の世界」には「断然はない」といわれるが、オプション取引には「断然がある」ということもできる。

――たとえば、そこでいう「断然」とは?

 オプション取引の中で、ボラティリティ(変動率)を売買する取引がある。ボラティリティには「ヒストリカル?ボラティリティ(HV)」と「イン自尊心?ボラティリティ(IV)」がある。HVは、過去のデータから導き出される指標で、標準偏差として計算できる。そして、IVは、マーケット参加者の将来の見当を反映して将来の変動率を予測したもの。マーケット参加者の感情などが反映されるために、極端に振動する時がある。

 このボラティリティには「断然」がある。「上がったボラティリティは、是非とも下がる」というものだ。特にIVについていうと、人間の感情がいつまでも高ぶったままではないので、熱したものが冷める場面が是非ともやってくる。このように、「是非とも」といってよい変化を手がかりにして、それを財産運用に役立てる探求が進められてきている。

 個人投資自宅の方々は、株式投資やFX投資などを体験されてきているが、オプション取引は、そのような体験とはまるで異入る投資の世界といえる。学ぶことによって、ミスする可能性を解雇することができるので、これまでに体験したことがない新しい体験に入る。

――東京証券取引所の有価証券オプション(かぶオプ)について、ネット証券会社の取り扱いが始まり、マーケットとしての発育が期待されている。

 有価証券オプションは、昼間の時間経225先物オプションなどと比較して、個人の投資自宅が取り組みやすく、面白い取引に育っていくと思っている。昼間の時間経225先物を売買するような大きなお金を要する取引と比較して、個別の株式が原財産に入るので、小さなお金で取引ができる。それによって、いくつかのポジションを組み合わせるということも現実的になってくる。

 マーケットメーカー制が導入されて、売買をサポートする仕組みが整っているのも心強い。現状では、ビッド(買値)とアスク(売値)が離れているように感じられるために、実際に取引をしているわけではないが、オプション取引についての理解が深まることによって、徐々に能率的なマーケットになっていくだろう。

 米国では、個別株式のオプションの他に、ETFのオプションも急速に引き伸ばしている。S&P500やNASDAQ100などのオプションは、個人投資自宅にも人気があり、流動性の高いマーケットになっている。昼間の時間本でも、これから徐々にオプションで取引できる有価証券が増え、活発にオプション売買が行なわれるように入ると期待している。(聞き手?編集担当:風間浩)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japanese weather news,天気,気象予報,気象観測

Author:japanese weather news,天気,気象予報,気象観測
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。