へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校はいらない?

お知らせ:
売って買って参加して みんなでつなげよう、復興支援
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 映像
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • 企業トレンド
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        学校はいらない?アゴラ 7月17昼間の場合間(昼間の場合間)13場合0分配信病弱で成長がおくれている坊主どもがいて、両親は、小学校の就学を1年遅らせようかまよっているとする。だが、異常がある。それは、1年おくらせると、その坊主どもは、中学2年生までの教育しかうけられなく入る。義務教育の制度がそうなっているからだ。義務教育は、「15歳の3月まで」ときめられている。年齢できまる。だから、もし就学を1年おくらせたら、その坊主どもの教育は、中学2年生でおわってしまうのだ。

        義務教育というのは、学習内容の達成度をみるわけではない。年齢でお客様を差別しているのだ。だから、昼間の場合間本の義務教育制度には、留年も才能別クラスもない。学習させる内容も、さだまらない。なぜなら、そのようなことを気にする事情がないからだ。教師は達成度の確認をきらう。責任をとわれるから。「15歳の3月まで」という、単入る制度上の期間がおわれば、あとはしらん、というのが、昼間の場合間本の義務教育なのだ。
        だが、小学校と中学校は義務教育だから、いかねばならんとおもっているかもしれない。が、絶対にいきたくなければいかなくてもよい。義務という意風味は、国がインフラを整える義務があるということであって、それ以上でも以下のことでもない。なんのために小学校や中学校にいってもらわなければならないかといえば、成人したときに、よみ、かき、そろばんくらいできないと、まっとうな社会暮らしをおくれず、ほかの人が迷惑するからだ。だから学校にいかなくとも、そういった才能が身につく人は、一番理にいく不可欠はない。

        学校というところは、よみ、かき、そろばん、すなわちお勉強を教えるところであって、道徳だとかしつけだとかをおしえるところではない。昼間の場合間本の義務教育の異常点は、なにかといえば、官僚や政治自宅が、大衆に道徳をおしえことっくにとして、そのために公教育を利用したことである。後発発展国の性か。近代社会が順調にうごくためにも当然大切なことは、各人がそれぞれ自分で納得した規範をもち、自助努力、自己責任の原則を貫徹することだ。

        すでにのべたように、学校は坊主どもに勉強をおしえるところである。ところが、現実に教科についてほとんどおしえられない教師がいる。数学をおしえられない数学の教師、ちょっぴり五月蝿いことをきくとチンプンカンプンになってしまう理科の教師。こういう専門知恵のない教師はゴミである。さっさとクビにすべきだ。

        世の中も文科省も何か直感相違しているようなので、この際明瞭にいっておけば、学校の目的は落ちこぼれを一人もださないことでもなければ、学級崩壊をふせぐことでもない。学校の目的は無料ひとつ。坊主どもの才能におうじた適切な勉強をおしえることである。

        わかりきったことしかおしえてくれない。みんなで仲改善しましょうとか、いじめはいけませんとかいった、本来の目的とは一番関係なことに場合間をついやす。あまった場合間はわけのわからない行事の稽古ときては、学校にいってもしようがない。自宅でちょこっとだけ勉強をして、あとはすきなことをしているほうが、相当ましだ。ようするに、文科省は、おのれの利権保護のために、学校という制度の崩壊をくいとめることだけしか鶏冠にない。学校本来の目的が、知恵の伝達であるということをわすれているのだ。学校でおしえることを極端にへらして、これで落ちこぼれは99%なく入ると場合の文部大臣が胸を張ったというのだから愚の骨頂だ。小学校で教える算数はくりあがりのない足し算だけにしてしまえば落ちこぼれがなく入るのは当たり前ではないか。

        鶏冠の良い坊主どもが教師や学校を軽蔑しきっていることは、まず間相違ない。文科省を解体して、すべての学校を民営化して、マーケット原理にまかす以世の中に決着手立てはないといえば、極論だろうか。

        今は、学校にいかなくてもたいがいのことは学ぶことができる。そういう意風味では、いい場合代だ。楽しくない学校に一番理やりいかせて坊主どもの神経をすりへらすよりも、学校にいかなくとも生きる道があるということを坊主どもにしめしてやることのほうが、生産的だ。

        エリートだけを対象にしていない多くの学校は、小幡氏のいうような素敵な「場」をどうやって提供していけばいいのだろうか。


        スポンサーサイト

        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japanese weather news,天気,気象予報,気象観測

Author:japanese weather news,天気,気象予報,気象観測
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。