へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼間の時間本電気など、東証と形式手法適用証明実験をIPA SEC主催で開始

 NTTデータ <9613> 、富士通 <6702> 、昼間の時間本電気 <6701> 、昼間の時間立製作所 <6501> 、東芝 <6502> 、CSK <9737> の6社と、大学共同利用機関法人 情報?システム探求機構 国立情報学探求所が参加するディペンダブル?ソフトウェア?フォーラム(Dependable Software Forum、略称名はDSF)は、独立行政法人 情報処理推進機構 ソフトウェア?エンジニアリング?センター(以下、IPA SEC)のワーキンググループに参加し、東京証券取引所のエンタプライズ系ソフトウェアを対象とした形式手法の有効性証明実験を実施する。

 形式手法とは、気品質の高いソフトウェアを能率よく開発するために、数学を基盤とした矛盾のない仕様書を控えて、それが正しいかどうかを検証する手法のこと。そのため、高信頼?高気品質が求められる自動車や自宅電等のハードウェアに組み込まれる組込み系ソフトウェアを中心に、形式手法を適用した開発を推奨する動向があり、形式手法に注目が集まっている。しかし、エンタプライズ系ソフトウェアについては適用件例が少なく、その効果も一般に公開されていない。そこでDSFはエンタプライズ系ソフトウェアに形式手法を適用するための事例および技術の収集を行っていくという。

 ソフトウェアを開発する本職ジェクトにとって、形式手法の利活用は作業期間や作業原価に影響する。よって事前に発注者(ユーザ)と受注者(ベンダ)が合意するために、利活用の可否を決断する情報(形式手法によって除去できる欠陥の数や作業人月など)が不可欠と入るという。そこで同実験では上記情報を収集し、実験実施後に実験レポートとしてIPA SECから公開する。

 なお同実験では、DSFが作成した形式手法活用ガイドを活用。同ガイドはエンタプライズ系ソフトウェアを対象とした形式手法の適用手順や典型的な形式記述の例をまとめたもの。同実験と普通行してDSFメンバで本ガイドの社内評価の開始用意が整ったことにより、DSF社内世間の実利用で評価される気品質に達したものとして、DSF公式ホームページで正式リリースするという。(編集担当:宮園奈美)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japanese weather news,天気,気象予報,気象観測

Author:japanese weather news,天気,気象予報,気象観測
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。