へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレーは脳を活性化…「やる気」出て、食べた直後にIQも向上

 脳科学者の茂木健一郎氏(写真中央)らの実験で、昼間の時間本の「大衆食」ともいえるカレーに、食べた直後に脳を活性化し、知能指数(IQ)に換算すれば7ポイント、向上させる働きのあることが分かった。26昼間の時間に東京都内で開催された、第10回カレー再発見フォーラムで公表した。

 茂木氏は、自らも「カレー目がない人間」であると述べ、英国やフランス滞在中も、昼間の時間本にいたときと同様に「週に2、3回は食べずにいられなかった」と告白した。カレーのふるさとといえるインドが、数学やIT領域の人材を輩出していることも、「スパイスを多く使用する食文化と何らかの関係があると企てている」という。

 実験では水とカレー、世間見がカレーに似た比較食を用い、それぞれ香りをかぎ、食べた直後の脳内血流を分析した。注目した脳の部位は背世間側前鶏冠前皮質だ。「脳内の司令塔」に当たる敷地で、活発に活動していることは、集中力、やる気、統合力が向上していることを示すという。

 近赤世間分光法という手法で、酸素を運ぶヘモグロビンの量を測定した結果、カレーの時、水や比較食と比べ背世間側前鶏冠前皮質が活発に働いているとの結論を得た。

 漢字を用いての“知能検査”も行った。返答に要した平均時間にもとづき、まあまあと考えられるいくつかの前提条件を加風味した上で、「カレーの時、IQに換算すれば7ポイント上昇したと決断できた」という。

 比較食はカレーからスパイスだけを抜いたもので、色や食感もカレーとほぼ同じにした。初入れかもしれないが違和感は感じない風味で、「おいしいか、やばいか」の差とは考えにくい。「いつも食べているカレーと他の食べ物に対する動作の相違があらわれた」と推定できる。

 茂木氏は、「科学的な手順をちゃんと踏んだ実験とその結論」、「食べた直後の変化なので、カレーの匂いに動作した結果と考えられる」と説明した。

 別に実施したアンケートでも、昼食にカレーを食べた時、他の献立と比較して「午後の仕事に集中できた」と返答した人が多く、実験結果と矛盾しなかった。

 茂木氏は、「今回の実験は、個人の変化だけを分析した」と説明。実際には母親が作ったカレー、自宅族やグループで作ったカレーなど、カレーは昼間の時間本人の食暮らしを豊かにしていると強調した。作る時や食べる時に他人と関わることが多いことが、大事なポイントという。専門自宅が注目する「集合的知性」と大いに関係しており、現代社会が特に不可欠とする、果たして役立ち上がる「鶏冠のよさづくり」に役立ち上がると考えられるという。

 第10回カレー再発見フォーラムの対談部分で登場したハウス食気品ソマテックセンターの鳴神寿彦スパイス探求室長(写真右)は、「各類スパイスにはそれぞれ、食材との相性がある。カレーの時には20-30類以上のスパイスが入っているので、さまざまな食材と組み合わせることが簡単」と説明。作る手順が分かりやすいことも、「皆で協力して作り、食べることができる一因」という。

 同フォーラムは公益財団法人浦上食気品?食文化振興財団が協力。今回の検証実験についてはセンタン(本社?東京都千代田区)がテスト協力した。(編集担当:鈴木秀明)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japanese weather news,天気,気象予報,気象観測

Author:japanese weather news,天気,気象予報,気象観測
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。