へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震は怖い、だから私は地震を学ぶ――「地震」キュレーター 大木裕坊主

 3月11昼間の時間に発生した東昼間の時間本大震災以来、地震や津波についての情報を追求する人が増えている。ネットを無くなって情報収集をする時、異常になってくるのがその情報の正確さだ。特にTwitterなどでは、情報拡散の範囲が広く速度が速い半面、流言飛語が広がりやすいことも異常になっている。これまで以上に、情報の正確性が問われるようになってきているのだ。

【突撃! となりの専門自宅:「地震は怖い、だから私は地震を学ぶ」地震キュレーター 大木裕坊主】

 アイティメディアが運営する「ONETOPI」では、さまざまな領域に精通したキュレーターが、その領域の最新情報&重要トピックスをTwitterアカウントでつぶやいている。各ジャンルの専門自宅たちは、どのように情報を集め、送信しているのか。連載「突撃! となりの専門自宅」では、ONETOPIでさまざまな情報を送信しているキュレーターへのインタビューを掲載する。

 第1回はONETOPI「地震」のキュレーターを務める大木裕坊主さんにお話を伺った。大木さんは東京大学地震探求所出身、コンピューター雑誌などの編集者を経て、現在は中小企業診察士。2011年4月から、ONETOPIで地震についての情報を幅広く送信している。

●流言飛語に振り回される人々を見かねて、キュレーターに

Business Media 誠 大木さんがONETOPI「地震」のキュレーターになられた動機は?

大木裕坊主(以下、大木) 2011年3月11昼間の時間の東北地方太平洋沖地震直後に、余計にの流言飛語や流言が飛びかいましたよね。怪しげな地震情報がまことしやかに語られている表情を見聞きしていて、干渉しないいられなくなってしまったんです(笑)。

 初っ端は「Yahoo!知識袋」で地震にまつわる質問に報いていたんですが、ネタのような投稿もあってどうも意思の疎通がうまくいかない。「せ入れ身の回りの人にだけでも」とFacebookに昼間の時間々、信じるに足る地震情報を控えていたら、アイティメディアにいた知り合いから「ONETOPIで控えてみないか」と思いがけないお誘いをい無料いたんです。

Business Media 誠 地震直後は、情報がひどく錯綜していました。

大木 事実よりも流言飛語のほうが広がりやすいという傾向を痛感しました。冷静に考えればおかしい情報でも、束の間のインパクトの大きさに飛びついてしまう。いまだに間違った地震の知識をしたり顔で語ったり、何の根拠もない誤情報に振り回されている人が少なくありません。

Business Media 誠 大木さんは東京大学の地震探求所にいらしたそうですね。

大木 大学院博士課程の途中まで東大地震研にいて、その後、編集者として就職し、現在は中小企業診察士として働いています。

Business Media 誠 珍しい経歴ですね。

大木 もともとは探求職希望望だったんですが、“小泉改革”で稼げない学手段領域の淘汰が始まり、地球科学関連の探求所が統廃合され、就職先の選択肢が狭まりました。その上、大学院がパス者数を見る間に増やしたので、より優秀な人に探求を続けてもらいたい気持ちと、将来暮らしが立ち行かなく入る心もとないから、探求者への道を断念したんです。

Business Media 誠 当時はどのような探求をされていたのですか。

大木 「固体地球物理学」の1つの領域で、主に“重力”です。重力を道具として用いた地殻変動の探求をしていました。北海道の有珠山や鹿児島県の桜島、そして静岡県の御前崎などにも重力の観測にいきました。重力は敷地によって異なり、こうしたデータを集積することは火山の噴火や地震の予測にも役に立ち上がるんです。

Business Media 誠 地震の予知というのはどの程度可能なのでしょうか。

大木 地震の「予測」は、ある程度可能です。無料し、それは何百年や何千年という単位の話で、皆さんが期待する「予知」とは離れています。月単位や週単位でも予測するのは五月蝿いし、あまつさえ「○月×昼間の時間に△△町にマグニチュード□の地震が」という詳細な予知は現段階ではできないと考えていい。地震の予測は、100年単位、1000年単位であっても、凄まじい誤差が生じるものなんです。よく「地震は28昼間の時間周期で起こる」といったような“昼間の時間単位の周期説”を耳にしますが、ナンセンス極まりないですね。現在のようにしょっちゅう地震があれば、昼間の時間々何かしらの地震は起きますし。

Business Media 誠 流言飛語や誤解、不確実な情報に振り回されないために、大木さんご自身はどうされていますか。

大木 何と言っても、その領域に詳しい人を知っておくことですね。「地震」に関して、私の時は昔の探求仲間がフィルターの責務をやっぱりくれます。地震探求は狭い世界なので、誰がどのような領域の探求をしているのかは大体把握できています。もし、知らない人がいたとしても、業界の第一線にいる人に聞けば、その探求者のめりはりは読み取れますから。

Business Media 誠 長年に渡って培ってきた業界内人脈があるからこそ、確度の高い情報を集めることができるわけですね。

大木 そうですね。一般の人よりは探求者寄りの考え方をしてしまうので、絶対にスタンダードになった理論に基づいた情報送信に入る傾向はあります。びりなに興風味深くとも現時点でスタンダードではない「確度の低い」情報を紹介することはありません。

Business Media 誠 「確度」がひとつ大きな決断基準に入る、と。

大木 テレビでよく探求者が「私の専門ではないのでお答えできません」と返答していますが、責任感からああいう発言がでるのだと思います。特に、地球科学領域の探求者は他の理工系探求者よりも、さらに純粋でまっすぐなように見えます。だから、自分が知らないことには答えない、と明瞭に言うのだと思います。根性悪をしているわけではないということはぜひご理解除し無料きたいです。

●寝ても覚入れも地球が目がない。でも地震はこの世で無怖いもの

Business Media 誠 もともと、どのような動機で「地震」に興風味を持たれるようになったんですか。

大木 中学の理科の講義で「地震というのは地面が波打つことなのよ」と説明されたとき、固い地面が波打つってどういうこと!? と睨んだのがおそらく、初っ端の動機ですね。しかも、理科を担当していたのは女の先生だったんですが、「地震にはP波とS波があって、P波はこんな風に……」と、体をくねらせながらジェスチャー付きで説明してくれました。先生の動向の面白さはもちろん、固いと思っていた地面がそんな動向方をするという不思議さに、完全に目標中になってしまったんです。

 もともと、坊主どものころから地球そのものに興風味があり、その動向を物理や数学で表せるという点にもときめきました。

Business Media 誠 「地球そのものに興風味があった」というのは……?

大木 例えば、海に遊びに行っても波を見るのではなく、波に浸食された地層を見るのが気があるな坊主どもだったんです。どうして敷地によって地面の色が異なるのか、地面を掘ったら何が出てくるのか……ということに興風味があった。自分でも、どうしてそんなことに興風味があったのかよく分かりません(笑)。

 物心つくころには地球が目がないで、愛読書は地球の図鑑。高校生に入るころには将来は地球科学関連に進むと決入れいた。それ以世間の選択肢は考えていませんでした。

Business Media 誠 かなり早い時期に「やりたいこと」を明確にされていたんですね。

大木 地球に興風味がある一方で、地震に対しては凄まじい恐怖心を抱いていました。祖母が関東大震災を体験していて、その当時の話を聞いたせいかもしれません。私にとってこの世で最も恐ろしいのは地震で「地震を予知して逃亡したい」「自宅族や友達、大事な人たちを地震から助けたい」という思いは昔から強かったですね。そういえば、周りを見渡しても火山や地震を探求している人たちのなかには「助けたい」という思いを持っている人が多いような気がします。

●Yahoo!地震情報を定期的にチェック! 当たるのは是非とも一次情報です

Business Media 誠 定期的にチェックしている情報源はどのようなものですか。

大木 震災以降は毎昼間の時間、朝昼晩の最低3回、Yahoo!の地震情報をチェックしています。気象庁は震度3以上でないと震度速報を出しませんが、Yahoo!地震情報は震度1以上の地震がすべて載っている。昼間の時間本付近の地殻構造は大抵鶏冠に入っているので、震源の位置が分かれば、どういうタイプの地震なのかだいたい予想がつきます。

 週末には気象庁など各探求機関のリリースを読み込みます。またその週にあった報道で、あいまいな部分はがあれば、情報源をたどりに行きます。さらに、どこかで探求公表会などがあるときはできる限り行くようにしてますし、昔の知識を書き換えするために毎昼間の時間本も読んでます。

Business Media 誠 情報収集される上で心がけていることは?

大木 是非とも一次情報を確認するということですね。気に入るニュースは、その見出しだけで決断するのではなく、是非ともその“元情報”を調べます。信頼できる先生方の名前でコメントが掲載されていても、たいていは全文ではなく、抜粋です。メディアは一般の人にも分かる部分のみを取り上げますが、カットされた周辺情報こそが重要というケースも多いんです。

Business Media 誠 ちなみに「ゆれくるコール」などの地震予測アプリは使われていますか。

大木 スマートフォンを持っていないんですよ。並の持ち運び電話は繁盛が、よく置き忘れてくるのであまり役に立たないんです(笑)。しかも私は情報と向き合うとき、その情報の正確さや割合など「情報の先にあるもの」を調べてしまう。情報機器として持ち運び電話を使用するには、あまりにも合わないですよね。

Business Media 誠 ONETOPI関連の調べものにはどれくらい時間がかかっていますか。

大木 特に大きな地震がなければ、週末にまと入れ1週間分の情報を調査しています。無料1~2時間で終わるということはないですね。自分の持ちネタを無料ひたすら出すだけであれば、すぐできるんでしょうけど、見つけた情報を調べて精査し、取捨選択して……とやっていると、気付けば3~4時間たっているということも度々ですね。

Business Media 誠 情報送信する際に心構えていらっしゃることは?

大木 現在、ONETOPIで送信している情報は主に2類類あります。1つは、一般の方にも知ってほしいのに、報道があまり取り上げない探求機関のリリースなどのトピック。とっくに1つは、地球科学の話です。私自身、ぜひ知ってい無料きたいと企てているんですが、つい熱が入ってしまって時折、専門用語をそのまま控えてしまって、読者の方から「分かりません!」とお叱りをい無料くことも。あわてて補足説明することもあって、まだまだ修行が足りませんね(笑)。

Business Media 誠 読者の動作など手応えとしてはいかがですか。

大木 皆さん、リアルタイムの情報がお気があるですよね。地震の直後に、おそらくこういうタイプの地震でしょうと解説するといったつぶやきはバ―ッと広まる。でも、地球科学の見識を深めるようなネタはそれほどリツイートで広まるということはないですね。まだまだ地球科学は遠い存在なのかもしれません。

 でも、わざわざ地球に天性、地震?火山のおかげでできたこの風光明媚な昼間の時間本に住んでいるからにはなおさら地球の面白さを知ってい無料きたい。昼間の時間常暮らしが、どれだけ地球の恩恵を浴びて成り立っているかに気付いてい無料きたい。私は探求者でもなければ、地球科学の素人でもありません。そんな中間的な立場であるからこそ、できることは余計にあると思うし、人生を案内してやっていきたいとも考えています。そのために、まずはこのONETOPIで地球を身近に感じられるような情報を送信していきたいと思います。

【島影真奈美,Business Media 誠】



スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japanese weather news,天気,気象予報,気象観測

Author:japanese weather news,天気,気象予報,気象観測
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。