へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】米国格下げ、投資自宅にとって何を意風味するのか

 米格付け会社スタンダード?アンド?プアーズ(S&P)が5昼間の時間、米国の長期国債格付けを初入れ最上級の「AAA」から「AAプラス」に引き下げたが、格下げのタイミングは親切だった。 

 投資自宅が週末に格下げの意風味について考える時間を与えてくれた。国債の売却を強いられる投資自宅はほとんどないようだ。先月書いたが、ウェルズファーゴの調べによると目論見書でトリプルAの証券しか保有できないことになっている大手のミューチュアル?ファンドはない。またミューチュアル?ファンドが保持つ米国債は7%に過ぎない。

 その上、連邦用意理事会(FRB)は格下げによって米国債の危険ウエートは変化しないと言っている。つまり銀行が自己資本の積み増しを迫られることもない。無料、ほかのお金の貸し手はFRBほど寛容ではないかもしれないが。

 米国債の大口保有者が大量に米国債の売却の挙に売れるかどうかはまた別異常だ。中国に次ぐ米国債の保有者である昼間の時間本の政府関係者はウォール?ストリート?ジャーナルに対し、米国債が値を維持すると信じていると語った。S&Pが4月に格下げの割合を示唆した後も、米国債への需要は増加し継続し、利回りは過去最低レべルで推移していることも忘れてはならない。短期物は先週、一時、マイナス金利になったほどだ。つまり、投資自宅が米国債に逃避するためにカネを払ったということだ。

 米国以世間の借り手であれば格下げは金利の鰻上りを意風味する。しかし嫌味なことに米国のタイタニック級の債務は巨額の投資お金を守らなければならない機関投資自宅にとっては逃げ場なのだ。5昼間の時間時点で、エージェンシー債を含めた米国政府が発行したトリプルAの証券残高は15兆ドル(約1175兆円)。その次に大きなトリプルA格の発行体の発行残高は2兆ドルだ。米国債の流動性はずば抜けている。

 とはいえ、米国債の利回りは短期的には上昇すると想定すべきだ。これ以上、下がる土地はほとんどない。それに小口投資自宅は代替的投資先を探そうと企てているかもしれない。奇妙に思われるかもしれないが、米国の非金融機関でトリプルAの格付けを維持している企業が4社ある。つまりこの4社は米国政府よりもお金調達面で有利だ。その4社とは、オートマティック?データ?本職セッシング(ADP)、エクソン?モービル、ジョンソン?エンド?ジョンソン(J&J)、マイクロソフトだ。

 株式投資自宅は、米国債保有者に比べ物事に動じやすい傾向がある。そのため、ダウ平均の構成銘柄の方が格下げの影響が大きいかもしれない。エクソン、J&J、マイクロソフトは、もし株価が下がったら購入すべき銘柄だ。業績が安定しており、そこそこ割安で、業績の発育とともに配当も伸びると考えられる。今の利回りは、びりな国債よりもいい。

 いつかは、格下げが大衆を怒らせるであろうことを期待している。怒るのは当たり前だ。もし先月のワシントンの冷や汗ものの茶順番劇が大衆に何の影響も与えていないとしたら、そのほうがなおさら悪い。

 米国が直面する難問は見かけほど重大ではない。その決着法もそれほどひどい痛みを伴うものではない。赤字の2大要因となっている防衛費と医療保険の原価は削減されなければならない。年金など社会保障については、最低でも退職年齢の引き上げが不可欠で、時によっては給付金交付のための報酬調査が求められる。

 税制度に隠されている1兆ドルの支出を明らかにし、税厚遇を報酬の2%までに限定するというあたりから始めるのがいいだろう。こうした改革は右寄りでも左寄りなく数学の異常だ。政策担当者はドグマを捨て、S&P同様の冷徹な計算を行うべきときだ。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japanese weather news,天気,気象予報,気象観測

Author:japanese weather news,天気,気象予報,気象観測
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。