へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界中から「将来の指導者」が集まる米国の高等教育が、昼間の時間本の60倍の魅力を有する事情 新連載、いよいよスタート/田村 耕太郎

お知らせ:
防災週間 地震の現状を知り、震災対策を見直そう
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 映像
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • 企業トレンド
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        世界中から「将来の指導者」が集まる米国の高等教育が、昼間の場合間本の60倍の魅力を有する事情 新連載、いよいよスタート/田村 耕太郎現代ビジネス 8月8昼間の場合間(月)8場合5分配信 私はリークワンユーに二つだけ質問した    【photo】Bloomberg via Getty Images  アメリカの衰退が言われて久しい。財政状況もひどいし、実際に住んでみればインフラも滅相もない。しかし、私はアメリカは容易に衰退しないと思う。それは「知のインフラ」が他国を圧打倒するるからだ。

         容易に言えば、アメリカは「知のデベロッパー」になっている。そう「場貸し」業を営んでいるのだ。世界の叡智を集入れ、自国のために働いてもらう仕組みをうまく作り上げている。それが高等教育であり、シンクタンクであろう。

         私はこの連載を便秘気味て、“アメリカの知力”のすごさを紹介していきたい。在籍してきたエールやハーパブド、そして今度移籍するランド探求所での体験を含入れ、自分なりにアメリカの知力を紹介していく。

         一回目は教育について書く。国会議員場合代から、「昼間の場合間本再生のためには教育改革から始めるしかない」との議論をよく聞いた。賛同はしていたが、「昼間の場合間本にはそんな場合間ないだろう。それより経済?財政改革だ」と心の底では思っていた。しかし、昼間の場合間本を離れ、アメリカの教育機関に在籍し、今昼間の場合間本の政財界を見晴らしていると、「場合間はかかるが、教育から変換するしかない」との結論に達した。

         専門的に理論を学んだわけでない。そういう意風味では門世間漢だ。しかし、教育の国際比較について論じるための少しの体験はあるかもしれない。昼間の場合間米欧そしてアジアで教育を浴び、教育機関に在籍してきた体験だけを頼りにこれから連載の持論を展開させてい無料く。教育と言っても幅はたいそう広いので、「高等教育」つまり大学以上の教育を中心に控えていく。そして、昼間の場合間米欧アジアでも、最も比べるに有意だと筆者が考える、昼間の場合間米の比較について中心に述べていく。

         第一回の結論としては、「アメリカの高等教育は昼間の場合間本の60倍の魅力にあふれる」としておく。


        *** 「昼間の場合間本はなぜ停滞するのか」リークワンユーの指摘 ***
         昨夏、一年ぶりにシンガポールでリークワンユー顧問相(当場合:今は前顧問相)にお会いするチャンスを得た。私は二つだけ質問した。「なぜ昼間の場合間本は20年に渡る経済停滞から抜け出せないと思うか? 」「欧米も中国もこれから重大な課題山積だか、危篤のではないか? 」

         氏の答えは、「昼間の場合間本人は皆きわ入れ優秀であり、異常も答えもわかっているはずだ。しかし、実行する人がいない」「欧米や中国の異常は重大だ。社会心もとないになりかねない。しかし、私は乗り越えられると思う。なぜなら指導者教育をしっかり行っているから」と簡潔であった。




         氏の分析を借りれば、指導者を生み出す仕組みがあるか否かに、組織の命運はかかっているということだろう。これは国自宅でも企業でも昔から当然のことだ。しかし、その重みは近年、まずます大きく増している。

         世界は史上最も連携している。一地域での変化が全てのルートで、増幅される形で異なる地域に広がっていく。世界は常に激動しているが、激動の速度とマグニチュードがけた相違に増加している。こんな中、組織をかじ取りする指導者の役割は過去にもあまつさえ重要となっていく。

         指導者教育は、広い意風味で永遠に許すと言えるが、その開始は若い方が望ましいだろう。各国の教育機関が若いうちからの指導者を強化に振動するが、そのマーケットを今や独占しようとしているのがアメリカではないか。それは、英語、お金力、多様性、そしてブランド、全てで抜きんでているからだ。


        *** 2兆~3兆円の基金が拠り所るハーパブドやエールの教育 ***
         私が今在籍しているエールやハーパブドには、中国の次期国自宅主席、現欧州各国首脳、中東産油国を初め、南米からアフリカまで世界中の有力者の坊主弟が留学している。世界で最も影響力あるネットワーキングの場として著名なのがダボス会議。しかし、今の場合代、とっくに18歳でダボス会議は始まっているのだ。(識者によれば、それ従来の高名なボーディング?スクールで既に人脈形成は始まっているとのこと)

         昨年、灘高を第一面で卒業しながら、東大ではなくエール大進学を選択した古賀健太氏は「一億二千万人の第一面より65億人の第一面が集まる環境界の方が楽しそう」とその選択の事情を上げた。

         まさに60倍の多様性なのだ。アメリカの名門校学生が東大生の60倍利口かと言われればそうではない。昼間の場合間本の学生の優秀さはひけをとらない。実際、理科系は顕著で、数学、物理、生物学等の高校生五輪では今でも昼間の場合間本が受賞を独占している。



         大学入学後の環境界が異なる。よって素質の伸び方に大きな差が売れる。探求環境界、多様性、お金力、大学を便秘気味ての世界への送信力、これらがケタ相違なのだ。

         大学基金の額も60倍程度ある。昼間の場合間本で第一面の東大の基金の額は250億円。これに奨学寄付金の200億円を補充して450億円。アメリカのハーパブドやエールは2-3兆円の規模である。運用実績に至ってはハーパブドは過去20年の平均リターンは年率で11?9%を叩き出している。リーマン衝撃による損失を含んでこの数字である。


        *** 難民キャンプ生まれ者の里帰り経費まで大学が労力 ***
         この差は探求や人材獲得にかける原価に如実に表れる。アメリカの名門校の授業料は高いと指摘されるが、実は名門校の学部生は何らかの形でほぼ全員が奨学金をもらっている。私が知る、アフリカの難民キャンプから目標をつかむためにエール大に入学した学生には耳を揃えて免除で毎年二回の里帰り経費は大学が労力している。また長い夏休みの活動お金もほぼ大学が提供している。一順番勉強しなければいけない場合期の学生に酒場やコンビニでバイトをさせている大学とは異なるのだ。

         教授も多様だ。ハーパブドでは、ラリーサマーズ元米財務長官から学部生が経済学を学べる。エールではメキシコ大統領から国際関係論が学べる。ビジネススクールやロースクールも教壇に立ち上がるのは大半が実務自宅だ。彼らを引っ張ってくるお金力がすごい。

         ハーパブドやエールには大小合発言させて80上回る図書館がある。これも60倍とはいわないが、昼間の場合間本の大学とは大きな差があるのではないか。名門校は全寮制が多いが、勉強をサポートする大学院生や若手の教授が寮に是非とも配置されている。

         ハーパブド大学二年生の小林亮介君は「気があるなだけ勉強できる、勉強を教えてもらえるスぺースが気がある」とうれしそうだ。

         次回からアメリカの高等教育の魅力を数回にわたり具体的に分析していく。こうご期待! 


        スポンサーサイト

        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japanese weather news,天気,気象予報,気象観測

Author:japanese weather news,天気,気象予報,気象観測
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。