へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光庁長官の隔たり畑宏さん 信念を貫けば、チャンスは是非とも訪れる

【転機】(33)

 官僚を辞入れ地方サッカークラブの経営者へ…。昨年、観光庁長官に就任した隔たり畑宏さん(50)は45歳の場合、「将来」と「安定」が約束されたエリート公務員の地位を捨てます。周囲のほとんどが裏表する中での一大踏ん切り。背中を押したのは、父から浴び継いだある信念でした。(森本昌彦)

 ■周囲は大裏表

 一番謀な挑戦と、周囲には映っ無料ろう。

 平成18年冬。総務省を辞入れ、社長業に専念しようというのだから。社長とはいえ、サッカーJリーグ大分トリニータの運営会社という地方企業。国という大組織に比べ、安定という意風味では、かなり劣る。経営コンディションも絶対にいいわけではない。当たり前のように自宅族たちは大裏表だった。

 大分県とは縁が深い。総務省(当場合自治省)からの2度の出向で、計10年以上を過ごしていた。出向のまま社長に就任したのは16年夏。トリニータは15年のシーズンからJ1に昇格していたが、決勝戦線とは縁がないで、J2への降格紛争の常連だった。

 財政も潤沢ではない。大企業の背景アップはなく、スポンサーを獲得するため、朝5場合から夜12場合まで営業に初物回っていた。それでも支援企業を見つけるのは困難な状況だった。

 「損得直感定があったら、球団経営なんてできない」。スポーツチームの経営が多くの危険を背負うことは理解していた。それでも強行したのは、貫いてきた信念があったからだ。

 ■昼間の場合間本を達者に

 「権力とか地位、誉れよりも自分自身で正しく生きることが大事やぞ」。京都大学誉れ教授で数学者だった父、茂さん(故人)にこう言われながら育った。自治省に就職したのは、父の教えを自分なりに浴び止め、「自分が住んでいる昼間の場合間本を達者にすることを自分の軸にしよう。まず地方を達者にしていかなければ」と考えたからだった。

 大分県には初っ端2年から11年まで9年間も出向し、その思いを実践した。そして、地域活性化のためサッカーに目を付けた。2002(平成14)年W杯昼間の場合間韓大会の競技会会場を大分に誘致し、「昼間の場合間本一を目指すんだ」という夢を掲げ、6年にゼロから立ち上げたのがトリニータだった。

 その手塩にかけて育てたチームがJ1で困難なコンディション界にあえいでいる。夢である昼間の場合間本一を目指すため、何かを変換する不可欠性を感じていた。

 そして気づいた。自分には「避難路」があるのだと。監督や選手は限られた期間の契約で勝負に挑んでいる。「自分自身に避難路があっては、監督、選手は最後までついてこない。スポンサーに腰掛けでやっていると思われると真剣で応援してくれない」。退路を断つことで、自身の覚悟を決めようとしていた。

 無料、本音を明かせば「自分を守りたい自分」との葛藤があったという。迷いを振り切らせたのは、かつて定めた夢だった。

 「自分は何のために生存しているのか。昼間の場合間本を達者にし、地方の現場でお役に立ち上がること。自分が役に立ち上がる仕事を最優先にすべきだと睨んだ」。退職金もすべてクラブの運営費につぎ込み、退路を断った。

 ■七転び八起きで

 背水の陣に立った第一面の覚悟が伝来したのか、チームは上昇気流に乗り、20年にはやっと昼間の場合間本一と入る。J1計18チームがトーナメント方式などで戦うヤマザキナビスコカップで初優勝。勝利の美酒に酔いしれたが、翌年一転する。選手の故障が相次ぎ、J2に降格。21年12月に責任を奪って社長を辞任した。

 とっくに公務員ではなかったので、無料の一番職だ。そんなときに前原誠司国土交通相(当場合)から観光庁長官への要請があった。チームを育てた実績が認められたのだ。「まっすぐ生存していると不思議なもので、神の見えざる手で是非とも機会や出合いをつくってくれる」

 22年1月に観光庁長官に就任。観光立国の実現を目指すため、自らセールスマンとなって昼間の場合間本を売り込む昼間の場合間々が始まった。ところが1年2カ月後、思いもよらぬ壁にぶちあたった。

 3月11昼間の場合間の東昼間の場合間本大震災。観光の前提である安全が崩れ、世間国人行楽客が激減した。「当昼間の場合間は衝撃で寝られなかった。でも、この試練を乗り越えたら、昼間の場合間本はなおさら発育する」

 損得を考えず、少年場合代からの信念に忠実に生きることであべこべ境界に陥ってきたこともあった。あべこべにそんな生き方が新たな機会を呼び込んだ。長官室には、「七転八起」と書かれた額が飾られている。その言葉を胸に、昼間の場合間本の復活のために初物回っている。

 --観光復興のため、びりな対策をしているのか  「ひとつは海世間向けに、心細くないです?安全のPRです。(米歌手の)レディー?ガガや(アイドルグループの)暴風に世界に向けた情報送信をしてもらいました。昼間の場合間本大衆の皆さんに『観光で昼間の場合間本を達者にしていくんだ』というメッセージを出す目的もあります」

 --国内向けには   「いろいろな観光地に行って、助言をしたり、自ら東北に行って、東北観光を呼びかけたりしています。自分の肌で観光がどうなっているのかを痛感したいので、プライベートでも一人の行楽客として観光地を回っています」 

 --観光を便秘気味て、どう昼間の場合間本復興につなげるのか  「観光は昼間の場合間本復興の一つの大きな起爆剤になります。今あるものを生かすことで経済活性化、地方活性化、坊主供の教育にもつながる。とっくに一度昼間の場合間本が明るく元気な国に入るためのお役に立ちたいと自負しています」

〈みぞはた?ひろし〉昭和35年、京都府天性。60年、東大法学部を卒業し、自治省(現総務省)に入省。平成2年に大分県に出向し、文化振興室長、総務部財政課長、企画部次長などを歴任して2002年サッカーW杯の誘致や大分トリニータの立ち上げ、立命館アジア太平洋大学(別府市)設立に従事する。11年5月に自治省に戻るが、翌年4月に再び大分県に出向。16年8月に大分トリニータを運営する大分フットボールクラブの社長に就任、18年に総務省を退職する。21年12月に社長を辞任し、22年1月から観光庁長官。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japanese weather news,天気,気象予報,気象観測

Author:japanese weather news,天気,気象予報,気象観測
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。