へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士通、ネットワークの自動設計ノウハウを開発 - 人力よりも消費電力2割削減

富士通と富士通探求所は8月10昼間の時間、イーサネットワーク網の自動設計ノウハウを開発したと公表した。人手で設計する時に比べて、全体の消費電力を約2割削減できたという。

総務省の試算によれば、インターネットトラフィックは毎年約25%ずつ増加しており、今後、クラウド利用の増加などにより、西カレソダー2025年には100テラビット毎秒以上に達すると予測されている。消費電力はネットワークだけでICT全体の20%に及び、ネットワーク全体の消費電力を低減させるための探求開発が各所で進められている現状だ。

今回開発されたノウハウは、データセンターなどの大規模なイーサネットワーク網が対象。ネットワーク構成、根拠地間の通信スピード、使う機器などの関係を示した無尽蔵な設計パラメータを、線形計画異常と呼ばれる数学的手法を用いて計算していくスタイルだ。人手による設計ではそれらの要素があまりにも多いために把握が難しく、絶対に余剰消費電力が発生してしまっていたが、コンピュータによる計算を用いることで以前よりも約2割という高能率で余剰消費電力の削減が可能となった。

新ノウハウを利用すると、利用者が前述したような条件を打ち込むだけでネットワークが自動設計される。ネットワーク構成や通信スピード、使用機器などはすべて利用者の環境界に合わせられ、既存ネットワークの増設時にも活用することが可能である。また、ネットワークを設計する際に経費を抑えるといった計算を導き出す使い方も可能だ。

なお、このノウハウの一部は総務省の委託探求「クラウドサービスを拠り所る高信頼?省電力ネットワーク操作ノウハウの探求開発(環境界対応型ネットワーク構成シグナリングノウハウ)」および「最一番上のグリーンクラウド基盤構築に向けた探求開発(環境界対応型ネットワーク構成シグナリングノウハウ)」によって開発されている。

課題はイーサネット網のみとなっている点で、今後はイーサネット以世間のネットワークへの適用を進入れいき、またサービスとして実用化も平行して開発を進入れいくとしている。また、同ノウハウの詳細は9月13昼間の時間から札幌市の北海道大学でスタートする「電坊主情報通信学会ソサエティ大会」にて公表される計画だ。

(デイビー昼間の時間高)




スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japanese weather news,天気,気象予報,気象観測

Author:japanese weather news,天気,気象予報,気象観測
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。